プロフィール

「君、次の異動でニューヨーク支社に転勤になったから」

こんな感じである日突然、英語を話す必要性に迫られたら、あなただったらどうしますか?

僕はもちろんパニックです(笑)

(え…いきなり…?ニューヨークに住むの?)

向こうに渡れば、当然公用語は英語になるでしょう。

しかし僕は日本に住んで約40年、当然日本語しか話せません。

幸いにも転勤まで少し時間があり、半年先までに準備しておけとの通達でしたが、それにしても困ったものです。

ただでさえ仕事が冴えない私なので、向こうでもろくにコミュニケーション取れないと知れたら、今度はクビになるかも知れません。

(こうなったら、英語だけでもなんとかしないと…)

ペラペラにならなくても、日常会話がこなせればいいんです。

だったら自分でもできるかも知れない!よ〜し、やってやるぞー!!!

って意気込んだんですが、無理なんですよねぇ。

仕事で疲れて帰った後に、家で勉強できるわけがない。

休日は平日の疲れを癒すので、勉強している暇もない。

自分の意志の弱さは、自分が一番分かっているのです。

いっそのこと、この自分の意志から面倒を見てくれるところってないのかな?

そんな不純な動機から知ったのが、本サイトで紹介するSPEAKOUT(スピークアウト)のコーチング英会話です。

TOPページへ